アドベンチャー: 2006年6月アーカイブ

 病の床からブロッコリーのお化け(?)にさらわれ、監禁されてしまった主人公を、無事に脱出させてあげましょう。
 タイトルを直訳すると「天国の鍵」ということですが…。

【タイトル】Heaven's key
【掲載サイト】Episodes & Melody
【操作方法】マウス
【言語】日本語

あのドアから脱出すれば良いのでしょうが…怪しいところがたくさんこ、これがHeaven's Key?

 ズキズキ痛む頭をさすりつつ目を覚ますと、そこは死体が横たわり、時限爆弾が仕掛けられた密室でした。新米捜査官ミッティーは、無事に事件を解決することが出来るのでしょうか?
 “TheEscape”、“Theお宝”、“The探し物”に続く、堕天使農場さんの最新作。今回もエンディングは2種類か…と思いきや、今回は5種類だそうです!

【タイトル】The事件
【掲載サイト】堕天使農場
【操作方法】マウス
【言語】日本語

死体と一緒だというだけでも最悪なのに…ご丁寧に時限爆弾まで仕掛けられています犯人を追い込むことができるでしょうか?

 この世の全てを監視する側だったはずが、オフィスに閉じ込められた上に、いつの間にか監視される立場になってしまった主人公を、自由の身にしてあげることが出来るでしょうか?そして、この世に本当の自由は存在するのでしょうか?
 ちょーっと画面が見にくい気がするんですが、相変わらずゲームとしてのクオリティは高いです。

【タイトル】THE PRIVACY
【掲載サイト】GOTMAIL
【操作方法】マウス
【言語】日本語/英語/中国語

我々はこんな場所から監視されている訳ですねさすがにセキュリティは万全無事に脱出できるのでしょうか?

 海外留学から帰ってきた僕が、父が開業した中古車ショップで目にしたのは、幼い頃に僕が描いた落書きを元に、父が自ら設計し、たった一台だけこの世に誕生させ、後に人手に渡ってしまったはずの、夢の車だった。
 ということで、設定は“IL DESTINO”とまったく同じですが、解法が異なる別バージョンです。
 対応言語の多さも驚異的ですね。

【タイトル】IL DESTINO R
【掲載サイト】GOTMAIL
【操作方法】マウス
【言語】日本語/英語/中国語
ポルトガル語/イタリア語/ドイツ語
フランス語/オランダ語

 海外留学から帰ってきた僕が、父が開業した中古車ショップで目にしたのは、幼い頃に僕が描いた落書きを元に、父が自ら設計し、たった一台だけこの世に誕生させ、後に人手に渡ってしまったはずの、夢の車だった。
 中古車ショップのショールームから、車を外に出すのが目的ですが、“WHITE CHAMBER”みたいな強引な方法は使えませんよ(笑
 クリアしたら、別バージョンにも挑戦してみましょう。

【タイトル】IL DESTINO
【掲載サイト】Goo-net
【操作方法】マウス(一部キーボード入力あり)
【言語】日本語/英語

 50年前の約束を果たすため、約束の場所であるバーのオーナーとなった主人公。約束の日である今日、彼女は店に現れるのでしょうか?

【タイトル】THE BAR
【掲載サイト】GOTMAIL
【操作方法】マウス
【言語】日本語/英語/韓国語

なかなかお洒落なバーですねあのドアから彼女はやってくるのだろうか?やけに眺めが良いですが、50年前からこの場所に?

 "Fiend"は、悪魔とか熱狂者という意味で、"Drug fiend"で麻薬中毒患者の事を指します。
 ある屋敷の中を探索して、各種ドラッグを見つけ出し、片っ端から使ってしまうのが、このゲームの目的です。
 誰もが悩むであろう某所のパスコードのヒントは、ある手紙の中に隠されています。それでもどうしてもわからないという方には大ヒント→コチラ

【タイトル】FIEND
(右上の“PLAY THIS GAME!”をクリック)
【操作方法】マウス(一部キーボード入力あり)
【言語】英語

 Submachineの続編です。
 舞台は灯台の内部で、見たこともない怪しげな機械がたくさん設置されています。前作より画面数も多くなり、難易度も上がっている感じですが、その分面白さも増しているように思います。
 シークレットアイテムは全部で20個ありますが、17個しか見つけられずにクリアしてしまいました。
 うむぅー。

【タイトル】Submachine2: The Lighthouse
【掲載サイト】Mateusz Skutnik
【操作方法】マウス
【言語】英語

前作のプレイが終わったところからゲームは始まりますこの電球を点けるのが目的みたいです

 そのタイトルの通り、とにかく家がでかいです。ここまで探索範囲の広いゲームは、「暗黒城」以来かなあ?(嘘
 ゲーム途中に入るロード時間が長かったり、移動範囲が広いだけあって、何も出来ない画面が多かったり、最後がただの○○だったりと、いまひとつな部分も有りますが、ゲーム全体としてはなかなか楽しめました。
 セーブ機能もあるので、じっくりと腰を据えて楽しみましょう。

【タイトル】The Big House
【操作方法】マウス

とにかく部屋の数が多いです外に出ることも出来ますプールもある豪邸です

1

このアーカイブについて

このページには、2006年6月以降に書かれたブログ記事のうちアドベンチャーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはアドベンチャー: 2006年5月です。

次のアーカイブはアドベンチャー: 2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

Powered by Movable Type 4.01