脱出: 2006年10月アーカイブ

 習作と言いながらも、実際はなかなか完成度の高い、クリック脱出アドベンチャーゲームです。
 気が付く人はすぐに気が付くんでしょうが、僕は最後のパスワードでものすごーくはまりました。頭が固いなあ。

【タイトル】脱出ゲームFLASH(やっぱり習作)
【掲載サイト】地球征服戦隊UMEKO
【操作方法】マウス
【言語】日本語

▲このドアの鍵を探すわけです

▲気になるものがいろいろありますね

▲抽斗やゴミ箱は定番中の定番ですが

▲ここには見慣れない物が…

 広島ホームテレビで火曜深夜に放送されている番組、「ホビーの匠」のサイト内で公開されている脱出ゲームです。
 製作は、「よくある脱出ゲーム」「実によくある脱出ゲーム」などの作者である中島尚樹さんなので、ゲーム全体のクオリティには間違いありません。
 難易度は、多くの方が見るテレビ番組のサイト内に設置されているゲームであるせいか、アイテム探しで多少てこずることはあるものの、謎解きは比較的簡単な気がしました。

【タイトル】ホビーの匠
(「ホビーの匠」公式サイト内)
【掲載サイト】広島ホームテレビ
【操作方法】マウス
【関連リンク】 よくある脱出ゲーム
実によくある脱出ゲーム

▲さまざまなグッズが溢れています

▲さすがは「ホビーの匠」の部屋

▲必要なものを見極めましょう

 その高い難易度で、数多くの挑戦者たちを苦しめた"Episode-1"の、続編が公開されました。
 現時点(2006/10/25現在)ではまだβ版だそうです。
 「ウィディック」というボードゲームが、重要な鍵を握っているらしく(まだクリアしていないので確信はもてませんが)、そのルールや歴史を理解するだけでもかなり脳が疲労します。
 難易度選択可能ですが、クリック脱出マニアなら、迷わず"PROFESSIONAL"をクリック!セーブ機能があるので、腰を据えてじっくり取り組みましょう。

【タイトル】Episode-2
【掲載サイト】樋卦猛者命(ひげもじゃのみこと)
【操作方法】マウス
【言語】日本語

▲これが問題の「ウィディック」.

▲これがドア…なのかな?.

▲テキスト類を読むだけで一苦労です

 "MOTAS"と"CRIMSON ROOM"に触発されて作られたという、"MOTAS"のように、次々と新しい部屋が追加されて行く、クリック謎解き脱出ゲームです。
 現在、6部屋目まで公開されています。トイレも1部屋って数えるんだそうで、その考え方でいくと、"MOTAS"は何部屋公開中ってことになるんでしょう?
 2部屋目までは、アイテム探索・駆使型の、正統派のクリック謎解きゲームとして楽しめるのですが、3部屋目以降は、パスワードを探したり推測したりするだけのゲームになってしまっている感じでいまひとつ。初心を忘れずに頑張って頂きたいものです。
 脱出というより、徐々に奥へ奥へ向かっているような気がしますが、実際どうなんでしょう?

【タイトル】ENIGMA in the yellow rooms
【操作方法】マウス(文字入力あり)
【言語】英語
【攻略リンク】公式ヒント&ウォークスルー

▲最初は正統派なんだけどな

▲正体不明の監視者

▲大きな機械。何に使うんでしょう?

 「うしろの百太郎」を思い出さずにはいられない、地中深くに埋められた棺の中からの脱出ゲームです。
 身体の自由もほとんど利かず、入手・使用できるアイテムも限られたこの空間から、脱出することが出来るのでしょうか?
 閉所恐怖症の僕にとっては、リアルに想像してしまうと、かーなり怖い状況です。

【タイトル】Buried Alive
【掲載サイト】OneMoreLevel.com
【操作方法】マウス
【言語】英語

▲狭いの怖い…

 今回もまた、パパが作った密室からの脱出ゲームです。
 パパの「数のパズルにこだわってみた」という台詞は伊達じゃありませんが、時間をかけてじっくり考えれば、解くことが出来るパズルばかりです。

【タイトル】脱出ガール2
【掲載サイト】零式改.com
【操作方法】キーボード
【言語】日本語
【関連作品】 脱出少年
脱出ガール

▲今回もパパと遊んであげましょう

 トリック好きのパパが作った密室から、女の子を脱出させてあげましょう。
 携帯電話用だったFLASH脱出ゲームを、PC用に移植したものです。

【タイトル】脱出ガール
【掲載サイト】零式改.com
【操作方法】キーボード
【言語】日本語
【関連作品】 脱出少年
脱出ガール2

▲パパの密室の出来映えは?

 アメリカの大手スーパーマーケット「Kマート」の、ハロウィン用コスチュームを宣伝するために作られた、オバケ屋敷からの脱出ゲームです。
 カーソルキーで主人公を操作して屋敷の中を探索し、脱出する方法を探し出しましょう。
 ゲーム開始画面に、名前とメールアドレスを入力するところがありますが、気にせず“Play now!”をクリックすればゲームが始まります。

【タイトル】Haunted House
【掲載サイト】Kmart.com Homepage
【操作方法】キーボード(カーソル+スペース)
【言語】英語

▲オバケ屋敷内部を探索しましょう

▲怖いしキモいし進みたくない!

▲誰かに見られているような気が...

1

このアーカイブについて

このページには、2006年10月以降に書かれたブログ記事のうち脱出カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは脱出: 2006年9月です。

次のアーカイブは脱出: 2006年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

Powered by Movable Type 4.01