脱出の最近のブログ記事

 飲み過ぎて記憶を失い、密室からのクリック脱出ゲームです。
 "The Scarlet Room"(=緋色の部屋)という割りに、室内は特に赤で統一されている感じでもありませんが、このタイトルは一体何を表しているんでしょうねぇ?

 サイト名が"GASAKISM"でゲームのタイトルが"The Scarlet Room"というのが、それぞれ"TAKAGISM"、"CRIMSON ROOM"(=真紅の部屋)を意識してのものかどうかは定かではありません。

【タイトル】The Scarlet Room
【掲載サイト】GASAKISM
【操作方法】マウス
【言語】英語

▲タイトル画面

▲まずは定番の場所をしっかりと調べましょう

▲窓の外を飛び回っている物は一体何なんでしょう?

▲テレビは点くんだけど…見難いよう!

 "ホビーの匠"と"地底王国 美川ムーバレー"のコラボ企画による脱出ゲームです。

 "美川ムーバレー"というのは、山口県岩国市にある、玖珂鉱山の坑道を利用して作られた洞窟型テーマパークで、ただ薄暗い洞窟の中を歩きまわるだけではなく、入口で渡される謎の金属片を手に、古代文字らしきものが刻み込まれた強固な岩石「ペトログリフ」の謎を解くという、この脱出ゲームとは異なる謎解きを楽しむことが出来るそうです。

【タイトル】地底王国 美川ムーバレー
【掲載サイト】ホビーの匠広島ホームテレビ
【操作方法】マウス
【言語】日本語

▲地底王国でどんな謎が待ち構えているのか?

▲薄暗い通路を奥へ奥へと進んで行く…

▲洞窟内には謎とそれを解くための手掛かりが散在しています

▲この神殿にも重要な役割があるに違いありません

 「よくある脱出ゲーム」シリーズの第三弾です。
 自室からの脱出台所でのおやつ探しと来て、今回は浴室からの脱出です。

【タイトル】未だによくある脱出ゲーム
【掲載サイト】ゲームセンター アーケー道
【操作方法】マウス
【言語】日本語

▲すっかりおなじみ人気シリーズの第三弾

▲今回は浴室からの脱出です

▲実はこの浴室は一風変わった作りになっています

▲ここは異常なーし!

 "アーケー道"の今回の作品は、一見オーソドックスなバスの車内からの脱出ですが、ゲーム内には、脱出ゲームによくある「理不尽」が隠されています。
 「理不尽」は、ゲームをプレイする際に感じる理不尽だったり、ユーザーの感想を聞いたゲーム製作者が感じる理不尽だったりと様々ですが、逆にこれらの理不尽が少なければ少ないほど、良いゲームに近いということが出来そうです。
 これから脱出ゲームを製作してみようと思っている方は、このゲームを反面教師として活用してみてはいかがでしょうか。

【タイトル】理不尽脱出ゲーム『マダム・リーの挑戦状』
【掲載サイト】ゲームセンター アーケー道
【操作方法】マウス+文字入力
【言語】日本語

▲理不尽が肩に重くのしかかる

▲両手を拘束されてスタート。脱出王フーディニもびっくり

▲運転手さんはどこに行ったんだろう

▲見つけた理不尽ポイントはこのノートに記録されます

 目が覚めたら、何故かウサギになっていた上に、密室に閉じ込められていたという、踏んだり蹴ったりの状態からスタートするクリック脱出ゲームです。
 部屋から脱出するだけじゃなく、元の姿に戻る方法も見つけなければいけませんよ。

【タイトル】ウサギになっておりました
【掲載サイト】澄香の住処
【操作方法】マウス
【言語】日本語

▲目が覚めたらこんな姿に

▲天井に開いた穴から落ちてくる雪が床に積もっています

▲うわっ、崩れた!

 "AZTEC GAMES"さんの最新作。
 苦労してやっと無人島を脱出したと思ったら、タコ型宇宙人"Octlien"にさらわれてしまいました。
 このOctlienたちは地球を滅ぼしてしまおうと思っているようですが、その理由というのは…。
 小惑星に偽装されている宇宙船の中を探索してOctlienの計画を阻止し、無事に地球に帰還しましょう。

【タイトル】Escape from Octlien
【掲載サイト】AZTEC GAMES
【操作方法】マウス
【言語】日本語

▲さらっておいてこんな所に捨てるなんて(怒

▲ここは工場みたいですね

▲小さく見えますが巨大ロボットです。行け鉄人!

▲なぜ彼らの宇宙船の中にこんなところが?

 乗っていた飛行機が墜落してしまい、奇跡的に命は助かったものの、気が付けばそこは無人島。
 ということで無人島から脱出するために、まずは島内を歩き回って手掛かりを収集しましょう。

【タイトル】Escape from Island
【掲載サイト】AZTEC GAMES
【操作方法】マウス
【言語】日本語

▲乗っていた飛行機は見るも無残な姿に

▲助かったのは奇跡としか言いようがありませんね

▲でもこの島を脱出しないうちはまだ安心できません

▲うーん、こっちも行き止まりか

 "TERMINAL HOUSE"シリーズの最新作です
 相変わらず雰囲気がいいですよね。余計な説明がない分、想像力がかきたてられます。

【タイトル】GUEST HOUSE
【掲載サイト】TERMINAL HOUSE
【操作方法】マウス+文字入力

▲宇宙に浮かぶ不思議な建造物

▲すっかりおなじみの目覚めのシーン

▲そしてこちらもおなじみ自販機

▲これは一体何なんでしょうか?

 "TERMINAL HOUSE"の続編の、密室からの脱出ゲームです。
 ゲーム自体のクオリティも高いのですが、個人的には前後のムービーの雰囲気が好きです。

【タイトル】RENTAL HOUSE
【掲載サイト】TERMINAL HOUSE
【操作方法】マウス+文字入力
【言語】日本語/英語

▲またもや目覚めたのは見覚えの無い部屋の中

▲見覚えのある自販機もありますが、ということはアレも?

▲パチンコ屋さんの計数機ではないですよね(笑

 設定は、気付いたら閉じ込められていたというオーソドックスな密室からの脱出ゲームですが、内容的にはミニゲームの比重が大きいという感じでしょうか。
 意味深なオープニングムービーも雰囲気を盛り上げてくれます。

【タイトル】TERMINAL HOUSE
【掲載サイト】TERMINAL HOUSE
【操作方法】マウス+文字入力
【言語】日本語/英語

▲彼が目覚めたこの場所は一体どこなのでしょうか?

▲室内に自動販売機とは不自然な…

▲プロジェクターが映し出す映像に何かヒントが?

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち脱出カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはミステリーです。

次のカテゴリは探索です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

Powered by Movable Type 4.01